The Paper project

The Paper project

普段使う紙というものがどうやってできているのか?何からできているのか?をよく知って、使ってもらうために、バージンパルプを一切使わずに古紙を利用し、木の屑を混ぜ込んで作った、環境を最優先に考えた新しいコンセプトの紙です。

今回は垣本ハウスの製材工場で、普段は焼却されている木屑を使っており、様々な地域の木材廃棄物がこのプロジェクトとのコラボレーション可能な課題だと考えていて、今後も全国の木材廃棄物とのコラボレーションを考えていきたいと考えています。

また、山陽製紙の技術により木材廃棄物以外を全て古紙を利用して作っています。すでに生産された紙資源=都市森林を活用し、主に海外の森林を伐採して作られるバージンパルプを使うことなく生産しています。これは森林伐採の問題に対してだけでなく、今後他国への輸出ができなくなる可能性のある古紙資源を、国内で循環させる仕組みの提案でもあります。

アップサイクルプロダクトであっても普段のノートのクオリティになるべく近づけることで、様々な人に日常使いをしてもらえることを目指しています。新い紙ではありますが、使い終わったら通常の紙のリサイクルループに乗って、また紙製品に戻っていきます。

目的

木質廃材問題に着目し、もう一度利用できる場として紙を開発

混抄紙であっても、通常リサイクルの流れに乗せることが可能

バージンパルプを使わず、都市森林を利用して高品質な商品開発


1% donation for 530

1,650㎡  ¥0

売上の1%が530weekに返ってくる仕組みが付与されていて、ノートを使えば使うほどゴミ問題に貢献しながら、今後の様々なプロジェクトの支援にもなります。

2021.4.1 時点

The Paperを使ったコラボや購入を
ご検討の方は一度ご連絡ください。

Collaborater

ナカバヤシ
1923年(大正12年)に図書館製本・古文書の修復業で創業し、その後手帳やアルバム、ノート収納用品、シュレッダなど、オフィスや家庭で欠かせない便利な商品やサービスを提案してきました。事業セグメントは多岐にわたり、製本業で培った技や想いは今でも事業の根幹にあります。お客様の大切な想いを敏感にとらえ対応し続けることで、生活を豊かにする商品、価値あるサービスを提供し、次代へ文化を伝えるとともに、豊かな社会づくりに貢献する夢と希望のある創造企業を目指しチャレンジし続けます。

日本紙パルプ商事

山陽製紙
創業以来、紙と共に歩んできた再生紙のスペシャリスト集団です。地球温暖化が進む中で、サスティナブル社会形成への機運は一層高まってきました。環境のみならず、様々な社会的な課題に真摯に向き合い、自社の特徴を活かしながら解決のために挑戦する企業のお役に立ちたいと考えています。

垣本ハウス
人を育て、木と共に未来を創る会社。優良な木材産地である奈良県吉野にて、1948年に地元吉野材の製材所として創立。現在はマンション、商業施設、学校保育園または大手ハウスメーカーなどに内装用木材・建材を納める、木材加工・集成材メーカーとして全国の建築現場を支えています。私たちはより高い品質の製品を、適正納期と価格でお届けすることを社是として、全ての製品においてお客さまの要望に添ったオーダーメイド生産を実現しています。